Mac + Eclipse(WTP) + Tomcatで開発

このエントリーでMacにTomcatのインストールが完了している状態から始める。

 

(1) Eclipseの設定

WTP(Web Tools Project)を使い、eclipseからTomcatの起動、停止、および、デバッグを行えるように設定する。

基本は、ここに従い設定。

Tomcatのパスは以下を指定。

/usr/local/Cellar/tomcat/7.0.35/libexec

 

(2) 新規プロジェクト

[ New Project ] – [ Web ] – [ Dynamic Web Project ]

ProjectNameを適当に設定し(ex. ServletTest)、Target runtimeは(1)で設定したサーバ(ex. Apache Tomcat v7.0)とする。

他はデフォルトのままでNext。

src, classesの設定もデフォルトでNext。

Web Moduleの設定では、「Generate web.xml deployment descriptor」にチェックを入れて、web.xmlが生成されるようにする。

 

(3) packageとclassの作成

プロジェクトの右クリックから、[ New ] – [ Package ] 。

Source folderは「ServletTest/src」のままで、Nameにパッケージ名を入力(ex. com.example.servlettest)してfinish。

パッケージの右クリックから、[ New ] – [ Web ] – [ Servlet ]を追加(ex. MainServlet)。

 

(4) 処理の記述

(3)で作成したMainServletに処理を記述する。

package com.example.servlettest;

import javax.servlet.http.HttpServlet;
...

public class MainServlet extends HttpServlet {

   @Override
   protected void doGet(HttpServletRequest req, HttpServletResponse resp) throws ServletException, IOException {
      proc(req, resp);
   }
@Override
   protected void doPost(HttpServletRequest req, HttpServletResponse resp) throws ServletException, IOException {
      proc(req, resp);
   }

   protected void proc(HttpServletRequest req, HttpServletResponse resp) throws ServletException, IOException {
      PrintWriter pw = resp.getWriter();
      pw.println("Hello");
   }
}

 

(5) web.xmlの記述

/WebContent/WEB-INF/web.xmlを開いて、以下を追記。

...
<web-app ...>
   ...
   <servlet>
      <servlet-name>ServletTest</servlet-name>
      <servlet-class>com.example.servlettest.MainServlet</servlet-class>
   </servlet>
   <servlet-mapping>
      <servlet-name>ServletTest</servlet-name>
      <url-pattern>/</url-pattern>
   </servlet-mapping>
   ...
</web-app>

 

(6) 実行 or デバッグ

プロジェクトを右クリックから、下記どちらかを選択する。

[ Run As ] – [ Run on Server ] → 単なる実行

[ Debug As ] – [ Debug on Server ] → デバッグモードで実行(ブレークポイントで停止)

ソースコードに修正を加えた場合、セーブすれば、ホットリプレース(Tomcatの再起動なしで反映)される。

 

■参考

Mac(OS 10.7)、HomebrewでTomcatをインストール、Eclipseで開発

(1) homebrewを最新版にアップデート

$ brew update

 

(2) Tomcatのインストール

$ brew install tomcat

brewコマンドでインストールしたコマンドは、/usr/local/binに入る。Tomcatの場合は、

/usr/local/bin/catalina

 

(3) 環境変数の設定

./bash_profileに以下を記載。

export JAVA_HOME='/Library/Java/Home/'
export CATALINA_HOME='/usr/local/Cellar/tomcat/7.0.35/libexec'

 

(4) 実行

$ catalina start

止める場合は、

$ catalina stop

以下でTomcatのトップが表示される。

http://127.0.0.1:8080

 

■参考