半透明PNGの作成

GIMPを使って半透明PNGを作成する。サンプルは完全透過だが、半透明も可能。

(元の画像) → (透過画像)

1. 元のファイルを読み込み

 

2. ファジー選択(自動選択)ツールで背景色を選択

 

3. 後で使うので選択領域をチャネルに保存しておく

 

4. レイヤーマスクを追加

読み込んだ元の画像にレイヤーマスクを追加する。

レイヤーマスク上の色により、

  • 黒 → 完全に透明
  • 白 → 不透明

となるので、灰色に塗った部分は、半透明にすることができる。

レイヤーマスクを作成する際に、3.で保存したチャネル(選択領域)を使うと、選択していた領域を不透明にして、選択していなかった領域を透明にすることができる。

今回は、選択していなかった猫(?)の部分を不透明なまま残すので、レイヤーマスクを作成する際のオプションで「マスク反転」をチェックして、白黒を逆転する。

 

5. レイヤーマスクが追加されて結合された画像が半透明になる

サンプルは、黒と白の単なる透過。

 

6. 完成した画像をPNG形式で保存

 

Appendix. 縁を半透明にする場合

  1. 画像を読み込み
  2. レイヤーを複製
  3. 複製したレイヤーで背景をファジー選択。閾値は10.0程度。
  4. [ 選択 ] – [ 選択範囲を拡大 ]。1程度拡大する。
  5. [ 選択 ] – [ 選択範囲を反転 ]
  6. 半透明にしない内部を黒で塗りつぶす。(背景色を黒にして、deleteキー)
  7. Ctrl + Aでレイヤー全体を選択後、[ 色 ] – [ 明度を反転 ]
  8. Ctrl + A, Ctrl + Cで複製したレイヤー全体をクリップボードにコピー
  9. 元の画像を選択して、[ レイヤーマスクの追加 ] – [ 完全不透明(白) ]
  10. Ctrl + Vでクリップボードの画像をレイヤーマスクにペースト
  11. レイヤーパレットで、フローティング選択範囲を選択して、[ レイヤーを固定 ]
  12. 複製したレイヤーを選択して、削除
  13. 上記同様に保存

 

■参考