MacportsのアンインストールとHomebrewの導入

Macのパッケージ管理ツール「Macports」をアンインストールして、代わりに「Homebrew」をインストールする。

Homebrewは、MacPortと異なりMacに元から入っているパッケージを重複インストールすることがない。

1. MacPostsのアンインストール

MacPorts がインストールされていると、Homebrewのインストール時に競合のため警告がでる。

ややこしいので、アンインストールして、完全にHomebrew体制に移行する。

アンインストールは、公式サイトのガイドに従って行う。まずは、MacPortsでインストールした全てのパッケージをアンインストールする。

$ sudo port -fp uninstall --follow-dependents installed

残りの設定ファイル等を削除する。

sudo rm -rf \
  /opt/local \
  /Applications/DarwinPorts \
  /Applications/MacPorts \
  /Library/LaunchDaemons/org.macports.* \
  /Library/Receipts/DarwinPorts*.pkg \
  /Library/Receipts/MacPorts*.pkg \
  /Library/StartupItems/DarwinPortsStartup \
  /Library/Tcl/darwinports1.0 \
  /Library/Tcl/macports1.0 \
  ~/.macports

~/.bash_profileからMacPortsインストール時に追加した以下のPATHを削除。

export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin:$PATH

 

2. Homebrewのインストール

GitHub上のマニュアルに従って、以下のコマンドを実行し、Homebrewをインストールする。

/usr/bin/ruby -e "$(/usr/bin/curl -fksSL https://raw.github.com/mxcl/homebrew/master/Library/Contributions/install_homebrew.rb)"

■参考文献